61a16_50_a29f41ad_2d7364a9


 女子ショートプログラム(SP)で、第2戦スケートカナダ5位の本田真凜(16)=大阪・関大高=は66・90点で6位だった。第1戦ロシア杯3位の樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が70・53点で2位。今季GP初戦の三原舞依(18)=シスメックス=は本田と同じ66・90点だったが、技術点で下回り7位となった。昨季の世界選手権3位のガブリエル・デールマン(カナダ)が70・65点で首位発進。フリーは4日に行われる。

 真凜スマイルが帰ってきた。女子で2枠の五輪代表を争う樋口、三原との直接対決で6位発進。点数的には決して納得のいくものではない。しかし、何よりの収穫は失いかけていた自信を少しだけ取り戻せたことだ。「不安もあったけど、一つ一つ丁寧に大切に滑れました」。はにかむ顔に輝きが戻った。